仮想通貨の販売所と取引所とは?松本雄大が使っているのは?

仮想通貨交換事業者には取引所と販売所があります。私、松本雄大が使っているのはほとんど取引所です。そしてその理由は複数あります。なお、取引所は仮想通貨交換事業者のユーザ間の取引、販売所は仮想通貨交換事業者との取引です。

販売所を使用しない理由のひとつは、取引所と比べて購入価格は高く、売却価格は安くなってしまうということです。販売所はすぐに売買できるというメリットはありますが、買う場合も売る場合も取引所より損をしてしまうというのが気になり、使っていません。このほかの理由としては、銘柄によっては取引所での売買しかできないということです。販売所がそもそもないという理由で使っていないというのもあります。

ただ、販売所にも利用価値はあります。たとえば価格が大幅に下がる局面にあり、ますます価格が落ちることを予想して、売却したい方が殺到するかもしれません。すると、自分は売却したいのになかなか購入者が出てこなかったり、希望よりも安く売ることを余儀なくされたりする可能性があります。販売所はこのようなことがなく売りたいときに提示されている金額で売れるという強みがあるのです。

「松本雄大」のプロフィール | Facebook